ソロギターを推し進めていくとベースライン、コードボイシングその上にメロディラインと全て別々の動きをしたくなるのでおのずと指弾きになります。

今までさんざんクラシックギターの曲とか弾いてきてますので基本的な指弾きはマスターしていますがこれからやろうとしているのはもっと違う動きなのでこれから長い鍛練が待っています。まずは親指のアップダウンの安定性と音質の均一性。

親指だけでピックと同等の演奏が出来るのが当面の目標。そこからほかの指との連動。道のりは険しいですが険しいほどチャレンジのし甲斐があるというものです。

ギターの先生としては幅広く様々なジャンルを網羅してまた一人の演者としては唯一無二を目指したいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です