大阪市・枚方市・寝屋川市のギター教室「ギタースクールGEN」のブログです。
発表会のセッションについて思う事

発表会のセッションについて思う事

エレキの発表会でここ3回、最後にセッションなるものをやってるのですがそれについて思う事です。

結構、ステージに上がってくれた皆さんは何と無くソロの方は弾けちゃうんですね~

ペンタに代表されるスケールを何気に弾いていればなんとなく合うっていう(^-^)

もちろんその質にこだわって行かないとなかなか上達につながりませんが。。。。

でも皆さん、バッキング非常に弱いです(-_-;)

ただコードの押さえ方を覚えて適当にストロークしてるだけでは良い伴奏はできません。

セッションなので何が起こるか分かりませんが例えば5人ステージに上がって1人がソロを弾くとき他の4人が同じようなストロークで4人とも弾いてしまうとうるさくて堪りません。。。。。

弦1本VS弦24本みたいな構造になるのでソロパートの演奏はほぼ聞こえなくなりますね。。。。

その辺りの事もしっかり踏まえてどうしたらよいか考えましょう。アイデアが出ない場合はお教えします(笑)

バッキング(伴奏)について一言!

会話も伴奏も聞き上手がモテますよ(^^♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です