Articles Comments

大阪のギター・ベーススクールGENブログ » GEN通信 » GEN新聞

GEN新聞

ギタープチ講座

皆さんはオープンチューニングってご存知ですか?オープンがあればクローズがあるのか?と言う質問はしないでくださいね(そんなの、無いですから。笑)オープンチューニングとは本来あるギターの調弦(6弦からE、A、D、G、B、E)を変化させて一般的には開放弦を鳴らした時にある和音になるチューニングにしたものです。例えばオープンGとよばれるチューニングの仕方は6弦からD、G、D、G、B、Dとチューニングしてみてください。各弦の音がコードGの構成音になっているので開放弦をジャラーンと弾くだけでGのコードになります。この事によって通常の調弦のサウンドとは異なりまた新たな可能性が見えてきます。3コードで出来ている曲なんかは人差し指1本でそのサウンドを出す事も出来たりと運指上、楽に押さえれる場合もあります。ただ指盤の音の配置が完全に覆されるのでかえって難しくなる場合もありますが。。。オープンチューニングには様々な種類がありオープンG、D、A、E等のものやダドガドと呼ばれる(D、A、D、G、A、D)いっぷう変わったものなど様々な種類があります。ただ6弦のみだけとか1~2本の弦のみのチューニングを変えて弾くものはオープンチューニングではなくドロップチューニングと呼びます。オープンチューニングは古くからブルースギタリストの間でもてはやされて来ました。ボトルネックと呼ばれる金属のバーで演奏される事も多くあります。最近は色々なギタリストが色々なジャンルで使われてきたまだまだ新しい可能性を秘めたチューニング方法だと思います。ちなみに私の場合はオープンDを好んで使いますが。。。。ところで今、ふと思いました。ベースでオープンチューニングしたらどうなるんでしょうかね~?だれか勇気のある人、やってみてください(笑)ウクレレはありでしょうね。やったことないですけど(*^_^*)

Written by

Filed under: GEN通信

コメントを残す

*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.