Articles Comments

大阪のギター・ベーススクールGENブログ » GEN通信

GEN新聞

ギタープチ講座 皆さんはオープンチューニングってご存知ですか?オープンがあればクローズがあるのか?と言う質問はしないでくださいね(そんなの、無いですから。笑)オープンチューニングとは本来あるギターの調弦(6弦からE、A、D、G、B、E)を変化させて一般的には開放弦を鳴らした時にある和音になるチューニングにしたものです。例えばオープンGとよばれるチューニングの仕方は6弦からD、G、D、G、B、Dとチューニングしてみてください。各弦の音がコードGの構成音になっているので開放弦をジャラーンと弾くだけでGのコードになります。この事によって通常の調弦のサウンドとは異なりまた新たな可能性が見えてきます。3コードで出来ている曲なんかは人差し指1本でそのサウンドを出す事も出来たりと運指上、楽に押さえれる場合もあります。ただ指盤の音の配置が完全に覆されるのでかえって難しくなる場合もありますが。。。オープンチューニングには様々な種類がありオープンG、D、A、E等のものやダドガドと呼ばれる(D、A、D、G、A、D)いっぷう変わったものなど様々な種類があります。ただ6弦のみだけとか1~2本の弦のみのチューニングを変えて弾くものはオープンチューニングではなくドロップチューニングと呼びます。オープンチューニングは古くからブルースギタリストの間でもてはやされて来ました。ボトルネックと呼ばれる金属のバーで演奏される事も多くあります。最近は色々なギタリストが色々なジャンルで使われてきたまだまだ新しい可能性を秘めたチューニング方法だと思います。ちなみに私の場合はオープンDを好んで使いますが。。。。ところで今、ふと思いました。ベースでオープンチューニングしたらどうなるんでしょうかね~?だれか勇気のある人、やってみてください(笑)ウクレレはありでしょうね。やったことないですけど(*^_^*) … Read entire article »

Filed under: GEN通信

GEN新聞

セルフモチベーションアップ こういう事、良くありませんか?何かミュージシャンのライブを見に行った後、無性に楽器が触りたくなった事。昔、任侠映画(今でいう極道もののVシネマ?)を見に行った男性の方はみんな映画館を出るとき、肩で風を切って眉間にしわを寄せて歩いて出てきたと聞いています。(その映画の主人公になりきる)要は主人公に自分の姿を投影し、なりきるわけですね。楽器を演奏していく上で(これはプロ、アマ問わず)非常に大切な事と実感しています。私も学生の頃はイングヴェイマルムスティーンになりきっておりました。(あんなに凄腕ギタリストでは無かったですが、笑)その後、ジャズやフラメンコ色んなギター音楽を聴いているうちに今ではまるで節操のない(^_^.)ノンジャンルのギター弾きになりました。でも私自身は色んなジャンルのギターを学び演奏している事に非常に満足しています。ライブを見に行く、色んなCDを聴きあさる、人前で演奏する機会を持つ、同じ音楽を好きな友人、知り合いを作る。こういった事、全てが楽器上達の秘訣だと思います。ただこれらの事は向こうから歩いてやってくるわけでなく自分から自発的に行わなければなりません。楽器というものは人に無理やりやらされるものではなく基本、楽しむものだからです。(音楽が音苦にならないように)ギターやベースを初め持った時の感覚。それをいつまでも大切にしながら演奏を続ける事、それが上達につながります。あとはやはり仲間を作る事。これが1番大事!家で1人で練習してて今は良くてもいずれモチベーションは枯れて行きます。当スクールの発表会等もその1つの 小さなきっかけにもなれたらと思いますが!(^^)! … Read entire article »

Filed under: GEN通信

GEN新聞

指盤を覚える事の重要性 ギター、ベース、ウクレレ等の楽器は同じドの音でも色んな場所でドの音が存在します。例えばギターの2弦1F。この音は3弦5F、4弦10F、5弦15Fにも存在します(全くの同音)これがギター等の楽器を習得していく上で指盤を覚えにくくしまた、ややこしくしてるものなのですが(ピアノ等はドはドで1カ所しかなく他のドはオクターブ上か下にしか存在しなく事実上1カ所しかない)発想を変えればこれほど解りやすいものはありません。ギター等よく、「ずらしのテクニック」と呼ばれるものなのですが例えばあなたが仮にE、Em、E7しかコードを知らないとしましょう。でもそれだけで実はほとんどの簡単な曲なら弾けます。例えばE-C♯m―F♯m-B7と言うコード進行があるとしましょう。そこで最低6弦の指盤上にある音名だけは記憶して下さい。開放弦からミ、1Fずつ上がってファ、ファ♯、ソ、ソ♯、ラ、ラ♯、シ、ド、ド♯、レ、レ♯、ミと12Fまでとりあえず記憶します。       それで最初のEは知ってる押さえ方のままで。次のC♯mはEmの形をいつもの場所で作りそのままバレーにして9Fまで上げていく。そうすることによって指の形はEmのままですが人差し指バレーで9F(C♯)の位置まで来ているのでコードはC♯mとなります。次のコードもmコードなのでEmの形のまま2F(F♯)の位置でバレーをするとF♯mとなります。最後のB7はE7の形を使い7F(B)の位置でバレー。そうするとB7になります。実際は急に音が高くなったり低くなったりと聞きづらいコードの流れになったりする事もありますが間違いではありません。こういう事を繰り返し繰り返し練習していくとすこしずつ指盤の音名が分かるようになって行きます。指盤の音名を覚えるのはもう一つ良い方法がありますがそれはまた私に直接聞いて頂くか別の機会にでも(^-^) … Read entire article »

Filed under: GEN通信

GEN新聞

楽器上達の秘訣 GENに習いに来て習い始めた最初の頃より全員の生徒さんが上達されています。これは確実に言えます。ただその上達スピードに個人差がありまして。。。。。 今までの経験上、上達が早い方はレッスン中に私に対する質問が多いです。それは紛れもなく自分の苦手な部分やダメな所をご自身が理解されているからだと思います。=上手く弾きたいと言う気持ちの表れなのでどんな些細なことでもどんどん聞いた方がお得です(^O^)/「これは一回前に聞いた事あるかも?」とか「また同じ事聞いて先生嫌がれへんやろうか?」とか心配無用です(笑)なぜなら生徒さんお一人お一人が上達し楽器にふれる感動を感じてもらえる事が私たちの仕事だからです。疑問に思った事は即聞く。楽器は指先だけで弾くものではなく心と頭で理解、演奏して良い演奏が出来るのです。 あと、実技的な事を言うならばやはり基礎はとても大切です。指の基礎練習(運指)、リズムの習得などはその後の楽器人生に大きく影響してくるものなのでまだ経験の少ないうちに沢山やる事をお勧めします。私の通常のレッスンの中ではさらっとするだけですが(指の練習だけで1時間ではもったいないので)お渡しした基礎プリント等は自宅でしっかり影連しましょう!!急がばまわれです。あせらず1歩1歩確実にがんばりましょう(*^^)v … Read entire article »

Filed under: GEN通信

GEN新聞

音楽理論と感性の関係                          相まった二つの事柄の重要性 むかしむかし、音楽をやっている友人に私が「音楽理論も勉強したら?」と言うとその友人はこんな事を言っていました「理論を学ぶと感性が失われる。俺は感覚で曲を作ってるから理論はいらん。なまじ理論なんか覚えると理論に縛られて良い曲が作られへん様になりそうやから」と。確かにその友人の言う事は一理あります。理論を実技(演奏)と切り離して勉強すると頭デッカチになって良いミュージシャンにはなれません(教師を目指すならそれでも良いですが。。。。)音楽はその名の通り音を楽しむ事でありそこには理論なんて必要ありません。どう感じるかであり感性の問題です。音楽を楽しむ、または演奏する上で一番重要な事ですね。しかし世の中の音楽は全て理論で裏付けされています。その理論を学ぶ事によって例えば好きな曲を分析し理解すると自分は「こういったコード進行が好きなのか」とか「こういう流れになるとこういった感じの雰囲気になるのか~」とかが解って結局それが自分が作る曲等にも反映されてくるものなのです。そういう中でさらに自分の感性を出す事が出来る様になってくればそれは個性に変わります。個性があるとその人からまた新たな理論が生まれます。そういった事の繰り返しですね。なので感性と理論は一見、真逆の事ですが実はどちらも音楽をやって行く上で切り離して考えてはならない要素だと考えます。そういう事も含めて私がいつも思う事は「自分が使えない理論なら学ばなくて良いし、いつも同じ感じの曲やアドリブしか出来ないのは自分の感性を疑え」と思い日々、精進しております。今回は少々奥が深いお話になりましたが感性は人からは学べませんが理論は学べます。理論を学ぶという事は外国語を学ぶという事と良く似ています。適当に単語(音楽でいうならコード等)並べても勘の良い外国人には通じるかもしれませんがその人の言いたい事までは深く伝わりにくいと思います。文法にあたる部分が音楽理論と思っていただければ理解しやすいでしょう(^v^) … Read entire article »

Filed under: GEN通信